プロフィール

meteodetrail

Author:meteodetrail
トレランがメインですがロードも頑張ります!


大会記録

【ロードレースPB】
 立川ハーフ 1:37:01(グロス)
(2015/3/1)

 古河はなもも 3:22:33(ネット)
(2015/3/15)


【トレイルレース・ウルトラPB】
 ハセツネCUP<71.5k> 13:49
(2013/10/14)

 伊豆トレイルジャーニー<72k> 11:46
(2013/3/10)

 神流トレラン<50k> 9:30
(2014/11/9)

 筑波連山トレイル<48k> 6:30(2014/8/31)

 飯能アルプス<37k> 8:15
(2014/5/25)

 奥武蔵ウルトラ<78k> 8:50
(2013/7/28)


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


ブログ村ランキング


DATE: CATEGORY:UTMF
東京マラソンのエントリーが始まったようですね。

私は「小江戸大江戸」に参加予定なので、去年に引き続きエントリーは見送ります。
(最近は、1万以上のフルは高いという感覚が…(*_*)

**************

さて、先日UTMF2018新コースの発表がありました。



「こどもの国」をスタートして時計回りに進み、河口湖から山中湖に行ってまた河口湖に戻ってゴール。ぐるり一周ではなくなりました。

一度ゴール地点を通過するので湘南国際みたいにココロが折れそうです。

また後半は杓子山の辺りが辛そう。たぶん2日目の夜に通過することになると思うので。


開催時期は4月下旬なので、当選したら年明け辺りからトレーニングしなければなりません。冬のお山は寒くてツライ…


ということで、4万弱のエントリー費捻出のために、ロードシーズンは節約モード。バカスカエントリーしないようにせねば。
つくば以外は月例と館山若潮だけになりそう(//∇//)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:UTMF
こんばんは、メテオデです。

UTMFレポ、ラストです。


*******************


ゴール後は大会シャトルバスに乗り、スタート地点の大池公園へ。寒くなってきたので、リュックに入れておいたウール長袖と防寒着をバスの中で着る。

会場に戻り、荷物受け取り。近くに夜通し営業している入浴施設があったが、たぶん激混みだろうと思い、更衣テントで着替え。
泥が固まってガビガビになっていて、シューズの紐をほどくのにも難儀。。

短縮コースながらフィニッシャーベストは貰えるようなので受付に行ったが、あいにくMサイズは在庫切れ。後日郵送とのことでちょっとザンネン。


スタート会場内では食べ物ブースが開いてたので、ゆば丼を注文。会場は灯りがほとんどないのでストロボ撮影(^_^;)。

16ゆば丼

ビールを飲みたかったが無かったので、しかたなく参加賞のレッドブルをプシュリ。


*******************


時刻は土曜の午前1時過ぎ。予約してた帰りの送迎バスは日曜日12時出発予定のまま変更なしなので、土曜日朝の始発電車で帰ることにする。

泥んこのウェア類ですっかり重くなった荷物を背負い、20分ほどトボトボと真夜中の道を歩き「河口湖駅」へ。雨はすっかりあがったようだ。


ちょっとムリのある「キティちゃん」や、

河口湖駅120160924

「ヤマノススメ」の看板にちょっとテンションが上がる(^o^)。

河口湖駅220160924


ネットで調べると始発電車は5:20だが、品川行きの高速バスが5時過ぎにあるので、これで帰ることにする。
出発までだいぶ時間があるので、駅前で野宿だ。野宿なんて高校の時以来かな。

同じことを考えた方が多いようで、駅前のベンチには寝袋やシートにくるまって寝ている方がチラホラ。
自分もゴザを敷いて、防寒着を着こみ、リュックをマクラに横になる。気温もそれほど低くなかったので、意外と快適〜(^o^)

やがて夜が明けて、高速バス待ちの列に並ぶ。バスには30人位の方が乗車。座った瞬間、フカフカの座席でまた眠りに落ちた。やっぱり地ベタよりいいな。。。


**********************


以上、UTMFレポでした。最後までおつきあい頂き、ありがとうございました。

トレイルレースでは、悪天候によるコース変更や中止がロード大会以上によくあります。これまで私が参加した大会でも、武甲山、キタタン、上州武尊山などでコース短縮や関門時刻変更になったことがありました。なので、今回のコース短縮もそれほど精神的ダメージはありません。(自然が相手なので受け入れるしかない)

来年もロングトレイルレースに参加予定なので、10月からの「オフシーズン(←私の場合(^_^;))」中も走力維持できるよう、引き続きぼちぼち頑張ろうと思います。

最後に、大会関係者・スタッフ・ボランティアの皆様、応援に来て頂いた皆様、大変ありがとうございました!


**********************


参加賞(Tシャツと小物入れ)とパンフ。英語でも書かれてるパンフは初めてでした。

22参加賞20160929


日曜の幕張練はこれ着て走ろうかな~(^o^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:UTMF
こんばんは、メテオデです。

UTMFレポ、本栖湖エイドからの続きです。


大会の数日前にコース変更があり、竜ヶ岳を登らないコースになったので、このパートは楽かな~と思っていました。

雨は結構ザーザー降っていて、レインウェアもグショグショ。本栖湖の横のロードは歩いてる方も多い。シューズも既に水浸しなので、ロード上の水たまりも気にせずに走る。暗くて本栖湖は見えず…


ロードが終わり、東海自然歩道のフラットなトレイルへ。ぬかるんだ箇所ばかりなので、足元を照らしながら慎重に進む。

10人位のトレイン(隊列)で進んでいて、ふと気づくとコース上のマーカー(白テープ)がない。


前を行くランナーに「コース間違ってませんか〜?」と声をかけると「そういえば足跡もあまりないですね」とのことで、二人で立ち止まって詳細地図を見る。

最新のコース(赤矢印)ではなく、数日前に発表されたコース(緑矢印)を進んでしまったみたい。いわゆる「コースロスト」。。。

コースロスト20160924

足元に気をとられ、マーカーを見ずに前のランナーについて行ってしまったのがマズかった。前方のランナーにも声をかけて、せっかく通ってきたトレイルを引き返す。

10分程進むと、ヘッデンの明かりが見えてきて正コースに復帰。結局3k弱余計に走ったようだ。

コースロストは体力以上に精神的に疲弊するが、最後のパートでまだ良かった。


*******************


新ルートのロードと林道を頑張って走るが、なかなかゴールに着かない。

近くのランナーと「まだですかね~」と話していた矢先、案内灯を持ったスタッフさんが居て「あと400mです!」といわれてホッとする。(^o^)

0時過ぎに六花さんに迎えられてゴール。結局9時間ちょっとかかった。



ゴール後は富士宮やきそば、コンソメスープで一息。

15-0ゴール地点

15焼きそば20160924

けっこうバテ気味でしたが、いつものように食欲は落ちずに美味しくいただきました。スタッフの皆さんありがとうございます!


*******************


それでは、シューズの変遷。

スタート前。

18シューズ120160924


20kの精進湖エイド。

19シューズ220160924


ゴール後。

20シューズ320160924


後半、ヒザ下まで浸かった箇所もあったので、ゲイターまでドロドロ。手足の爪の間の泥も3日ぐらい落ちなかったです。

慎重に走った(歩いた)おかげで尻餅を一度もつかなかったので「チョコフォンデュ」は免れました(^_^;)



(あと1回続きます)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:UTMF
こんばんは、メテオデです。

来週末はいよいよハセツネですね〜 ここ3年、毎年参加してたんですが、今年はMFがあったので見送り。

村の方やくノ一組からも何人か参加されるので、応援に行く予定です。応援場所は今熊山か入山峠、陣馬山経由で高尾山温泉にいこうかな。


*******************


それではレポの続き。短縮版レースのコースと高低図は以下の通り。

0コース図20160924

0-1高低図20160924


前回の(その2)は「スタート~精進湖」まで。今回の(その3)は「精進湖~本栖湖」。

図を見れば分かるように(その3)は今回の短縮版レースの後半のヤマ場かな。


*******************


精進湖ASを出発、しばらくロードを走ってから樹海に入る。初めての樹海だったので楽しみにしていたが、暗くてほとんど何も見えず、滑らないように進むのが精一杯。

9-0トレイル20160924

やがてパノラマ台までの登りへ。標高差は300mくらいだが、足場の悪い登りのつづら折りがずっと続きツラくなってきた。

途中、ロッキー演奏での応援が。悪天候の中ありがとうございます!

10ロッキー20160924


滑りやすい急な登り箇所では2回ほど渋滞が発生。

11渋滞20160924

男女関係なく、前の方のお尻を押したりしながら(^_^;)、協力し合ってヒイコラ登る。ここら辺で結構体力を奪われた。ピークを越えてからも、練りゴマのようなドロドロのトレイルを慎重に降りる。

すぐ横がガケのトラバース箇所もあり、一瞬も気が抜けない。ちょっとでも滑ったら滑落だ。。


21:35過ぎ、やっとのことで本栖湖エイドへ到着(32k地点、スタートから6時間35分経過)

12エイド220160924

前の精進湖エイドから3時間もかかった。ここの関門時刻、今年は22:20なのでセーフだったが、昨年の設定だと21:20でアウトだった。


エイドではゆば丼、おまんじゅう、パン、ホットコーヒーを頂く。高校生っぽいボラの方達のテンションが高くて元気が出る。


ここで、この案内が目に入った。

13styのお知らせ20160924

たった32kでこの疲れっぷり、明日走るのは厳しそうだ。クルマじゃないので、ゴール後に河口湖からSTYスタート地点に向かうのも無理っぽい。(バスとタクシーを乗り継げば行けたようだが、アシがなかったということにしておこう(^_^;))


*******************


ここでも15分ほど休憩し、最後のパートへ。

残り13k弱、ゴールまでは下り基調のトレイルとロードなので楽かな〜と思ってたら、まさかのアレをやってしまった。。。


(続きます)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:UTMF
こんばんは、メテオデです。

昨日「館山若潮マラソン」にエントリーしました。今シーズン11月のフルは走らないので当面の目標レースです。

「チキン(遅筋)野郎」になっているので、しばらくはロード用の脚作りに励みたいと思います。


*********************


では、UTMFレポの続き。

最後尾となった後もjogペースでスタート直後のロード部分を走る。途中、動画を撮りながら走ってる中国の方に質問したり、見たことないメーカーのリュックのアメリカ人と片言英語でしゃべりながら5k地点へ。

ここで昨年同様、渋滞発生。この先の道路はスタッフさんの誘導で20名くらいづつ横断しているので、ほぼ完全ストップ。

6-0渋滞20160924

ジッと待ってるのもヒマなので、周りの方と「萩往還」や「川の道」などのヘンタイレースの話をする(^_^;)

「YOUはどうしてUTMFへ?」という企画で「マラソンジャンキー」の小野さんからインタビューを受けたので公式DVDに載るかな。


道路を渡ってからのトレイルも、足場の悪いシングルトラックの登りなので、引き続き渋滞。

6登山口20160924

結局40分弱のロス。このビハインドで本栖湖の関門に間に合うのか!?


*******************


といいつつも、途中富士山がちょこっと顔を出したので止まって写真を撮る。

7富士山20160924


足和田山(1355m)までの500m程の登りを過ぎ、走れるトレイルへ。幸いなことに腫れている足指は気にならないが、Xテープの張り方がまずかったようで、足首が固定されてしまって走りにくい。ロードだったら支障ないが、トレイル向きな貼り方ではなかったようだ。慣れないことはやるもんじゃない。

しばらくすると、FTRの戦友マチルダさんに追いつく。(彼女は昨年MFのスイーパーをやってます)

8マチルダさん20160924

体調不良のため、直前まで参加を悩んでいたようだが、コースが短縮されたので行けるところまで走るとのこと。



17:30過ぎ、「鳴沢エイド」に到着。(13K地点、スタートより2時間30分

鳴沢エイド20160924

ここは水分のみ提供なのでフラスク1個分を補給。トイレ(小)も空いていて1分で済ませる。


エイド出発直後、応援のM谷さんと沿道で会う。他の「くの一」メンバー2人はだいぶ先のようだ。

暗くなってきたので、ヘッデンと背後の点滅ライトを点ける。しばらくは下り基調のロード。アメリカ人のマークさんという方がいいペースで走っていたので、声をかけて一緒に走る。


18:30過ぎ、「精進湖エイド」に到着。(20k地点、スタートから3時間30分

9鳴沢エイド20160924

オレンジ、パン、バナナの他に「精進湖すいとん」を頂く。量が「少な目」「普通」「大盛り」とあったので、迷わず「大盛り」(^o^)。

9-1鳴沢エイド20160924

床に座ってハフハフ食べる。コーラも3杯ほどゴクゴク。もう1個のライトも腰に装着し、15分程でリスタート。

この先はいよいよ樹海だが、雨脚が強くなってきた感じ。。。


(続きます)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

copyright © 2017 風をあつめて~VOL.2 all rights reserved.Powered by FC2ブログ