プロフィール

meteodetrail

Author:meteodetrail
トレランがメインですがロードも頑張ります!


大会記録

【ロードレースPB】
 立川ハーフ 1:37:01(グロス)
(2015/3/1)

 古河はなもも 3:22:33(ネット)
(2015/3/15)


【トレイルレース・ウルトラPB】
 ハセツネCUP<71.5k> 13:49
(2013/10/14)

 伊豆トレイルジャーニー<72k> 11:46
(2013/3/10)

 神流トレラン<50k> 9:30
(2014/11/9)

 筑波連山トレイル<48k> 6:30(2014/8/31)

 飯能アルプス<37k> 8:15
(2014/5/25)

 奥武蔵ウルトラ<78k> 8:50
(2013/7/28)


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


ブログ村ランキング


DATE: CATEGORY:トレイル練習(奥多摩方面)
武尊山直前ということで、週末はお山三昧。

土曜日はアンジーさん、原パンさんとハセツネ後半の試走。

コース(約21k)御岳山までですが(*_*)


武蔵五日市からバスで都民の森に移動し、三頭山手前からハセツネコースへ。
長尾平手前まで水場がほぼないので(御前山の水場はたまに涸れてる)水分は2.5ℓと多めで。


高低図


累積標高2000m弱。つく天ミドルと同じ位かな。

************




ハセツネ本戦に出るお二人が終始いいペース。最近の練習不足&脚もイマイチで、何度もお待たせしてすいませんでした…

雨予報だったせいか三頭山山頂はガラガラ。大岳山前後はハイカーさんちらほら。

大岳山山頂から10分ほど下った所で、若いお兄さん5人、外国人女性1人という不思議な組合せのハイカー一行に「山頂まであとどれくらいですか?」と話しかけられる。

普段着で初心者っぽかったので「40分位かな〜」というとお姉さんがちょっと泣きそうな顔。
「頑張れば30分もかからないよ」と言い直したら、オトコの1人が「あと20分って言ってください!」とお願いされました。お願いされても、ねえ(^^)


長尾平からの登りで右脚がピキッと逝きかけたので、御岳でエスケープすることにしました。幸い駅までは緩く走れたので大丈夫です。


久し振りの後半コースでしたが、昼間走ると所々眺望もあってなかなか楽しい。

お二人ともサブ12〜13ペースでしたね(私はサブ14ペース(*_*)
本戦も好記録目指して頑張ってください!
٩( ᐛ )و

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:トレイル練習(奥多摩方面)
こんばんは、メテオデです。

週末はNHKでTJARが放送されますね!ランスマはSPA TRAILだし、今から待ち遠しいです。あ、競歩もあるか。


************


さて、8/5はハセツネ前半コースの試走に行ってきました。


【高低図(武蔵五日市から陣馬山)】約15k。累積標高1600m。




武蔵五日市駅に8時集合。駅前は三頭山方面に行くハイカーさんでバス待ちの大行列。

原パンさんと合流しスタート。
前半コースは2年前の本番レース以来。峰見通りは相変わらずキツい。4枚壁はよく分からなかった(*_*)




醍醐丸から和田峠に降り、陣馬山へ。



通ってきた醍醐丸が見えます。

雨予報だったせいか、いつもごった返してる山頂は土曜日なのにガラガラ。
信玄茶屋のご主人も商売上がったりといってました…



北高尾ルートで高尾山方面に向かう予定でしたが、空いてるようなので久し振りのメインルート。こちらは3年振り。

城山も同じくガラガラ。皆さん山より海にいってるんでしょうか。。


16時過ぎに高尾山口ゴール。高尾山温泉は相変わらず混雑してました。やっぱりふろっぴいの方が空いてて良さそう。


************


長めのトレランは6月以来だったせいか終始シンドくて、何度か原パンさんに先に行ってもらいました(*_*)

このままでは上州武尊山70k完走は危ういことになりそうなので、今週末も引き続き丹沢か奥多摩でロングトレイル練に励みます(^^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:トレイル練習(奥多摩方面)
雲取山トレランレポの続きです。


12:30頃、雲取山荘到着。

14雲取山荘20160717

400名ほど泊まれるようです。「舞の海」の色紙がありましたが、以前彼が雲取山に登った番組を見たことあり、鴨沢から8時間位かかけて頑張ってました。

まだこの時間なのでハイカーさんの姿はなく、トレラン姿の方が二組程。


水場で水分補給。冷たくて生き返ります。

15水場20160717

最後は結構ツライ登りが20分程続きます。13時に山頂到着!

16山頂20160717

ここにもシカの姿が。やっぱり逃げません(^o^)

17鹿20160717


*************************


雲取山からブナ坂までの3kはお気に入りのトレイルコースです。思わず顔がほころぶ(^o^)

18稜線20160717

あいにく雲が多くて富士山は見えず。眺めがいいと、富士山、北岳、間ノ岳といった標高ナンバー1、2、3が一度に見えるはずなんだけど、残念。。

19稜線20160717

シカに道をふさがれる。

20鹿20160717

五十人平のトトロ。

21奥多摩小屋20160717

ここにはテント場があり、数年前テント泊したことがあります。確か一泊500円。トイレ、水場もあってテン泊デビューにおすすめです。

(その時のテント写真)
テント2016720

バーナーのガスが切れてしまい、水でアルファ米とカレーを食べた苦い思い出が(^_^;)


*************************


名所ダンシングツリー。

23木20160717

私は「ダンシング」といえば「ヒーロー」かな?(^o^)



七ッ石山から先の石尾根は12kほどの下り基調。だいぶ疲れてきました。

時折、木のトンネルがあって屈みながら進みます。

24トンネル20160717

そうこうするうちにガスってきました。前後には誰もおらずちょっと不気味な感じ。

25石尾根20160717

ヒグラシも鳴きはじめてきて一層心細くなる。ぬかるんだ箇所が多くて慎重に進みます。

26石尾根20160717

やっとのことで登山口到着。いや~石尾根長いわ。

27ゴール20160717


*************************


ということで久しぶりの雲取山でしたが、秩父ルートの方は鴨沢ルートに比べて登りが緩めでラクな気がします。

先日たまたま「ニッポン百名山」で雲取山をやっていたので視聴。司会は釈釈由美子から工藤夕貴に変わったのね。

夜景20160720

雲取山荘からの夜景。ロマンティックですな~


お山でテント泊したい!と思った方は→
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:トレイル練習(奥多摩方面)
こんばんは、メテオデです。

かねて計画していた通り、7/17に雲取山ロングトレイルへ行ってきました。この日に備えて4日もランオフ(^o^)


<コース>
三峰口駅~三峰神社~霧藻ヶ峰(1523m)~白岩山(1921m)~雲取山(2017m)~七ッ石山~鷹ノ巣山~水根山~六ッ石山~石尾根~奥多摩駅ゴール(約42k、11時間)

1コース20160717


<標高図>
累積標高は2400mくらい。(表示されてる「2048m」は30m程ずれてます。。)
2高低図20160717


*************************


雲取山へ行くコースは、「奥多摩駅」からバスで鴨沢に行って登ることが一般的だと思います。今回は連休ということもあって、実家から近い秩父方面から登ることにしました。

秩父方面からだと「三峰口駅」か「西武秩父駅」からバスで「三峰神社」まで行き、そこから雲取山を目指すのが普通ですが、今回は朝早くてバスが出ていないため、「三峰口駅」から「三峰神社」まで走る計画です。



実家の「高麗駅」を5:40出発、「西武秩父駅」から秩父鉄道の「お花畑駅」に乗り換えて、終点の「三峰口駅」に6:50着。

*「西武秩父駅」前の仲見世は改装工事中。また、武甲山に行く場合は、同じ秩父鉄道の浦山口下車が近いです。(suicaは使えないので現金要です)


同じ電車にトレラン姿のおじさんが居ましたが、彼は駅から降りるといきなりタクシーに乗っていきました。一瞬、同乗をお願いしようかと思いました。。

「三峰口」で水・ポカリを購入して7時過ぎにスタート、国道140号を6k程走ります。標高は300m程ですが、曇りのお天気で涼しかったのでアームカバーを装着。

出発直後の白川橋からの景色。かなり高度があり足がすくむ。。。

3渓流20160717


大血川ってけっこうインパクトある名前。

4大血川20160717


1時間弱で表参道到着。ここから三峰神社までは2kで一気に700m登ります。

5参道入り口20160717


まだ元気なので頑張ってトレイルを進み、1時間程で三峰神社(三峰山)到着。狛犬のオオカミがお出迎え。

6神社20160717

三峰神社はパワースポットで人気らしく、9時過ぎでしたが結構賑わってました。名物「秩父味噌ポテト」のいい香りがしましたがグッとガマン。


*************************


ここからいよいよ雲取山登山口に入ります。

「現在地の標高」「スタート地点(三峰山)の標高」「霧藻ヶ峰(次のピーク)までの標高」が書かれた標識が一定間隔毎にあり、どれくらい標高を上げたか判るようになっていて親切です。

7標高看板20160717

予報では曇りで雨も覚悟していましたが、空がだんだん明るくなってきました。先日の富士山方面に続いてまたまた晴れ男!

8晴れ間20160717

晴れ間からの光が幻想的でいい感じ。たまにこんな景色が見れるのでやっぱり山行はやめらません(^o^)


1時間程登り続けると開けた場所に出ました。雲海がスゴイ。

9雲海20160717

遠くにみえるギザギザは両神山かな?


霧藻ヶ峰(1523m)に到着。若い4人組のハイカーさんがいたので写真を撮って頂く。

10霧藻ヶ峰20160717

「今日はどちらまで?」と聞かれたので「奥多摩駅までです!」といったら女性ハイカーさんに軽くヒかれました。。。

そんな〇ンタイをみるような目つきをしなくても(^_^;)。。。


*************************


気をとりなおして再出発。

前述した標高看板の他に、距離表示の看板も500m毎位に設置されていて、こちらも親切です。

11距離看板20160717


白岩山(1921m)を越えて12時近くなったので、お昼休憩。

12おにぎり20160717

今日のメインは「すき屋」の牛丼むすびとコーラ(^o^)。


ムシャムシャしていたら、近くで「ドドドッ!」という石が転がるような大きな足音が聞こえてきました。

一瞬、「うわっ、ひょっとしてクマか?」とちょっとあわてましたが、森の中から出てきたのは、

13鹿20160717

シカでした。私の姿を見ても逃げないので、人を見慣れてる感じです。

「牛丼むすび」の匂いに惹かれたのかも知れません(^o^)



腹ごなしも終わったので、いよいよ大ボスの雲取山へ出発!


(続きます)

〇ンタイ見慣れてる方は!→
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


DATE: CATEGORY:トレイル練習(奥多摩方面)
棒ノ嶺220160618

土曜日はチャレさんとロングトレイルに行ってきました。


<コース図>
高麗~飯能アルプス~子の権現~竹寺~名栗湖~白谷沢~棒ノ嶺~黒山~岩茸石山~御岳駅ゴールの36k。

コース20160618


<高低図>
累積標高3350m。
高低図220160618
棒ノ嶺の登り返しがキツかった。。。


*************************


高麗駅に8:30過ぎにチャレさんと待ち合わせスタート。いつもの飯能アルプスへ。

UTMFやアイガーなどトレラン話をしながら進みます。ひこうき雲が鮮やか。

ひこうき雲20160618


3時間程で子の権現到着。茶屋で水分補給して、金のワラジと下駄ポイントへ。

わらじ20160618


今回は正丸峠方面ではなく、FTRコースを逆走して竹寺経由で名栗湖へ下ります。下界は暑い。。。

名栗湖20160618


本日のメイン、白谷沢へ。滝沿いのトレイルをガシガシ登ります。

白谷沢120160618


山岳用語でゴルジュ(フランス語で「のど」)と呼ばれる峡谷はハイカーさんにも人気のルート。ヒンヤリ涼しくて、まさに自然のクーラー。

ゴルジェ20160618


岩登りが楽しい!

石段20160618

一見厳しいコースに見えますが、クサリやロープもあるので子供でも登れると思います。
(以前ウチの子が小学生の時にも来ました)



15:45 棒ノ嶺到着。日中はハイカーさんで賑わっていたようですが、時間も遅かったため貸切状態。

棒ノ嶺20160618

開けた山頂からは奥武蔵方面が一望できて気持ち良い~


当初は高水山方面に行く予定でしたが、時間も遅くなったので、黒山~岩茸石山経由で下山。ほぼずっと下りなんですが、ちょっとシンドくなったので、チャレさんに先に行ってもらいテクテクと進み、何とか「みたけ駅」にゴール。

電車に飛び乗り、河辺駅の「梅の湯」でサッパリしました。休憩コーナーが混雑していたので、駅前のコンビニでビールを買って乾杯!


この日は暑かったので、消費した水分は5リットル。今回のルートはエスケープもしやすく、水場も数ヶ所あるので夏場にはお勧めのコースです。(飯能アルプスはシンドイけど)

UTMFに向けていい練習になり、ありがとうございました!チャレさんは翌日も富士山とのことでタフですね~(^o^)


次の日家族でいった日和田山はバテまくりました(^_^;)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

copyright © 2017 風をあつめて~VOL.2 all rights reserved.Powered by FC2ブログ