プロフィール

meteodetrail

Author:meteodetrail
トレランがメインですがロードも頑張ります!


大会記録

【ロードレースPB】
 立川ハーフ 1:37:01(グロス)
(2015/3/1)

 古河はなもも 3:22:33(ネット)
(2015/3/15)


【トレイルレース・ウルトラPB】
 ハセツネCUP<71.5k> 13:49
(2013/10/14)

 伊豆トレイルジャーニー<72k> 11:46
(2013/3/10)

 神流トレラン<50k> 9:30
(2014/11/9)

 筑波連山トレイル<48k> 6:30(2014/8/31)

 飯能アルプス<37k> 8:15
(2014/5/25)

 奥武蔵ウルトラ<78k> 8:50
(2013/7/28)


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


ブログ村ランキング


DATE: CATEGORY:ロード練習
こんばんはメテオデです。


今シーズンのフルは「富士山」と「館山若潮」と、どちらもアップダウンのあるコースなので、坂道の走り方をあれこれ調べてます。

トレイルレースやウルトラで坂を登る時は、足首を固めてチョコチョコと登るか歩きます(^_^;)が、ロードのフルではペースを落とさず走りたいところ。

以前紹介した「アスリート解体新書」の動画に長距離走がありました。


 アスリート解体新書 (24)ロードレース~勝敗を分ける2つのカギ~


やや古い動画ですが、順天堂大時代の「山の神」今井正人選手と、ナビゲーターの荻原次晴さんの登りのフォームの違いを比べています。


これを見ると、斜度15%の時に荻原さんが前傾姿勢になっているのに対し、今井選手の方は斜度が無いときと変わらず前傾していません。

坂道20161014



その訳ですが、今井選手は母指丘で地面を強く蹴っているかららしい。地面から足裏が離れた後も、勢いで足先が内側に向くくらい。

坂道220161014

箱根五区のようにずっと登りが続くコースでこの走り方をやるのは、私レベルでは脚が持ちそうもありませんが、短い坂の部分だけくらいだったらちょっとは効果あるかな?

市民ランナーがいきなりトップアスリートのマネをするとケガしそうなので、週末のオクムで試してみよう。



バフ20161014

バフのロゴもこういってるし(^o^) (あ、「FLAT」はふらっとさんのことではないです!)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 風をあつめて~VOL.2 all rights reserved.Powered by FC2ブログ