FC2ブログ

プロフィール

meteodetrail

Author:meteodetrail
トレランがメインですがロードも頑張ります!


大会記録

【ロードレースPB】
 立川ハーフ 1:37:01(グロス)
(2015/3/1)

 古河はなもも 3:22:33(ネット)
(2015/3/15)


【トレイルレース・ウルトラPB】
 ハセツネCUP<71.5k> 13:49
(2013/10/14)

 伊豆トレイルジャーニー<72k> 11:46
(2013/3/10)

 神流トレラン<50k> 9:30
(2014/11/9)

 筑波連山トレイル<48k> 6:30(2014/8/31)

 飯能アルプス<37k> 8:15
(2014/5/25)

 奥武蔵ウルトラ<78k> 8:50
(2013/7/28)


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


ブログ村ランキング


DATE: CATEGORY:日本山岳耐久レース
20181003071654333.jpeg


2日ともガチったら楽しそう。ハセツネの日程がズレたら出たい!

***********

R2さんに倣い、以前書いたハセツネTIPSをアップします。(14~15時間位のレベルです)古くて違ってたらメンゴ(゚∀゚)


******************


・更衣室・荷物置き場の体育館は2ヶ所(中学校体育館と小学校体育館)。例年7時にオープンされ、小学校の方がやや空いているが、9時過ぎには足の踏み場がなくなるほど混雑する。

・出入口にはスタッフさんがいて、ナンバーカードか参加案内の封筒がないと出入りできない。

・貴重品預かりはないので、現金は少な目がいいかも(suica、保険証等はリュックに入れる)

・会場近くに「いなげや」があるので、お弁当や飲み物を購入できる。駅前にはコンビニもあり。


・スタートは目標タイム毎に「10時間」「12時間」「16時間」「20時間」のプラカードがあるが、仕切り等はなく結構適当な感じ。(これは去年から変わったみたい)

・スタート直後はロードを1.5k程。「いなげや」の前を抜け(通称「いなげやダッシュ」)、坂を下って橋を渡り、坂を登ってトレイルへ入る。ここは私はほぼ全力で行きます。(渋滞で休めるので)

・小和田の坂でお囃子の応援。ここは応援が多いので登り坂も頑張ります。

・開けたトレイルで二股に分かれる所は渋滞気味だが、左側の方がやや空いている。
(ここはトレイルが整備されたようなので今年は右側の方がいいかも)

・トレイルが一旦終わりロードに出ると下りなので再びダッシュ。(通称「変電所ダッシュ」)

・今熊神社からの石段は段差の少ない部分を歩くと疲労が溜まりにくくていいみたい。

・今熊山からのトレイルはほぼシングルトラックなので、無理に抜こうとせず周りに合わせて走る。


・例年、入山峠は到着が1時間を越えると行列が出来る。

・15k過ぎの醍醐丸。沢山の応援がありがたいが休めない(^^)

・20k過ぎの三国峠からはお天気だと富士山がチラッと見える。

・17時頃より暗くなりはじめるので、ここら辺からライトの準備が必要。

・浅間峠(第一関門)も応援ポイントで賑わっているが、当然ながらエイドは無い!


*******************


・ここから先は割と走れるが、退屈な区間。前後の人もバラけて自分のペースで走れる。

・三頭山手前に大沢山(35k地点)があり、三頭山と間違えるとガッカリするので注意。一旦下って避難小屋を通ってから三頭山へ。L字型の樹が見えたらピーク迄あと少し。


・三頭山はコース最高峰(1531m)。ここまでのタイムの2倍がレースタイムの目安となるらしい。山頂は風で寒いと思われるので止まらずに、鞘口峠まで休憩はガマン。

・鞘口峠の下りは急なので慎重に。(以前負傷者があったのはこの辺り)

・月夜見駐車場(第二関門)手前はロードとトレイルを2度ほど交互に走る。名前の通り、晴れると月がキレイ。

・ここまでで約40k。待望の給水をして、ブルーシートの上で本格的に休憩している方も多い。


******************


・月夜見からのリスタート直後は夜露で滑りやすい土の下りなので注意。

・御前山手前の偽ピーク惣岳山はガッガリする。いつもこの辺りでハセツネにエントリーしたことを後悔するよ!(゚∀゚)

・御前山にはベンチがあり、毎回ようかんで休憩。この先の下りはコース上一番の難所なので慎重に。

・大ダワ(50k地点)ではリタイア受付があり、誘惑に駆られそうになるのでガマン。トイレあり。


******************


・大岳山までは割と走れるゆるい上りのトレイルが続く。大岳山の岩場は、数人のグループで進むとライトが多いので登りやすい。

・大岳山を越えれば例年元気なスタッフさんが大声で励ましてくれ元気がでる。

・大岳山荘(廃屋)から先は走りやすいトレイル。あずまやに水場があるが、残り10kちょいなので嬉しさのあまり入れすぎないように。

・長尾平(第三関門)も応援してくれる方が沢山。


******************


・ここまでで60k過ぎていて、最後のピーク、日の出山までの階段は辛いが最後の頑張りどころ。ここでも山頂のスタッフさんが「あと少しですよ~」と励ましてくれる。

・日の出山から先はキツイ登りはない。直後の急な階段を抜ければ、あとは走りやすい金毘羅尾根。

・金毘羅尾根では、疲れ果ててトレイルの横で寝てる方も多い(通称「ハセツネホテル」(^_^;))

・黄色い柵が左手に見えたら金毘羅尾根もあと半分。

・トレイルが終わるとコンクリの道に出るが、溝が何ヵ所かあるのでつまづかないように。

・最後は住宅街を1kほど進み、ゴール!

・ゴール地点の裏では「だんべぇ汁」を振る舞ってくれるので、コーラと一緒に頂くのが至福(^o^)



ハセツネのゴールの瞬間は特別な気がします。ご参加の皆様、最後まであきらめずに頑張りましょう!
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 風をあつめて~VOL.2 all rights reserved.Powered by FC2ブログ